« 仙台でサイン会開催 | トップページ | 『ルネサンスの女たち』新潮文庫より発売予定(7/9追記) »

2012.05.23

講演会「瓦礫と大理石:廃墟と繁栄」レポート

5月19日、東北大学艮陵同窓会主催による講演会「瓦礫と大理石:廃墟と繁栄」(記事参照)を聴いてきました。印象に残った言葉を、以下にかいつまんでご紹介したいと思います。ただし、完全に記憶のみに頼って書いていますので、相当にいい加減なものであることをご承知おきください。

ちなみに、塩野さんは講演会の前日、宮城県内の各被災地を視察されたそうです。

  • ローマ世界もその中に地震多発地帯を抱えていたが、自然災害だけで滅んだ都市はない。住み続ける必要がないと判断された都市が滅んだ。東北の被災地でもこの判断をする必要がある。これは住民自身が判断しなければならない。中央からあれこれ指示してもだめ。
  • ヨーロッパの主要都市は瓦礫の上に築かれている。日本では、瓦礫があれば片付けなければならないという考え方のようだ。
  • 手段の目的化が起きているのではないか。瓦礫をきれいに分類し、元の持ち主を探して……これでは時間がかかる。帰納的に下から積み上げるやり方ではなく、上から大きな目的を示して、演繹的に進めるべき。
  • 強いリーダーが存在すれば、結果として良いことの方が多いと確信している。今まで強いリーダーばかり書いてきたことで、批判もされてきた。日本では強いリーダーは必要ないと言われ、これまで育てて来なかった。
  • 革新派も、時が経てば既得権を守る側になる。どちらなのかは名前だけでは判断できない。こうして歴史はねじれながら進んでいく。
  • 震災発生直後に被災地に入ったイギリスの救助隊長の言葉、「これほどの災害から立ち直ることのできる民族は、日本人しかいない」。これ以上の言葉はない。全くそのとおりだと思う。
  • 学者とは意外と正直な人たちだと思う。環境と場所さえ用意すれば自然と集まってくる。人が集まれば投資する人も現れるが、人がいないところに投資する人はなかなかいない。人集めが先決。
  • リーダーと権力者の違い。リーダーとは例えば、津波が来たときにどこへ逃げればよいか指示して、何人かの命を救うことができる人。このようなことに権力は必要ない。だが東北全体の復興といったことになると、権力が絶対に必要。権力を持ったリーダーがいなければならない。
  • 次の作品のテーマについて。今年の初めから勉強を始めている。来年は執筆のため、春に帰国することはできない。書き終わってからも準備に時間がかかり、本が出るのは来年の冬になる。それほどまでに、作品に書く男を愛している。だから、誰を書くのか言えないのは、営業上の秘密のためでは全くない。愛している人の名前だから言えないのです(笑)
  • 登場人物について、良いことばかりでなく悪いことも書く。そうすることで読者にその人を現前させたいと思っている。私自身が面白がって書いているのであって、日本人の役に立つものを書こうなどとは全く思っていない。でも、面白がってやることには不思議と、役に立つ部分も出てくるんです。

講演会の最後、来場者からの質問に答える場面で、しばしの黙考の後おもむろに語り始める姿が印象的でした。頭の中で文章を組み立ててから答えているように見えました。

なお、以下のブログ記事でも講演会の模様がレポートされています。

リンク: 土橋内科医院 院長ブログ -心房細動な日々- : 東日本大震災復興プロジェクト「鼎談・塩野七生さんを囲んで:瓦礫と大理石:廃墟と繁栄」盛会のうちに終了.
リンク: 大隅典子の仙台通信 : 自然災害だけで滅んだ街は無い.
リンク: 瓦礫と大理石:廃墟と繁栄/塩野七生氏講演会 その一 - トーキング・マイノリティ.(2012.5.28 リンク追加)

|

« 仙台でサイン会開催 | トップページ | 『ルネサンスの女たち』新潮文庫より発売予定(7/9追記) »

コメント

こんばんは、ТBをありがとうございました。

プロフィールを拝見致しましたが、東京在住のかたですよね?講演会のために仙台まで来られたのですか。

 私は一般参加者の席の一番前に座りましたが、とにかく女性が多かったのを憶えております。男性も見かけましたが年配者。貴方のような若い男性は目に入らなかったのは残念。

投稿: mugi | 2012.05.28 22:03

>mugiさん

コメントありがとうございます。
塩野さんの講演会はめったにない機会ということで、東京から足を運びました。
私も一般席最前列の端の方に座っていました。たしかに、女性が多かったですね。
私はもはや若くないアラフォー男です。笑

投稿: 司馬聡 | 2012.05.28 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台でサイン会開催 | トップページ | 『ルネサンスの女たち』新潮文庫より発売予定(7/9追記) »